前へ
次へ

転職では営業求人の退職給付制度も確認

中小企業の場合、人事制度に精通した人材を置くことはなかなかできません。
福利厚生の充実さは転職でも重要視されますが、退職金まで考えているでしょうか。
新規開拓のための営業求人があったとして、この会社は若いから退職給付制度がないと理解し、求人募集に応じるかもしれません。
しかし、ある転職者は退職給付制度がないが賃金の条件は高いと思ってエントリーするかもしれません。
会社が若いだけならいつか期待に応えなければなりませんが、平均年齢が30歳の会社であれば、営業マンの不満は高まらないといいます。
ほとんどの営業マンは、60歳のときの受取額を気にしていないからです。
賃金だけの30万円のほうが若手でしかも転職するのならば、受けがよくなります。
勤続年数によるところが大きく、営業求人ではノルマの問題もあるからか、離職や転職も少なくありません。
勤続できないのなら、今の賃金をチェックしてしまいます。
もちろん、腰を据える魅力ある企業であれば、給与28万円に退職給付制度の準備コスト2万円とする企業を選びましょう。
やっぱり、定年のときに少しは払ってあげたい、そうした問題と向き合う社員想いの企業を選びましょう。

Page Top